獣医が推奨するペットフード|カナガンの魅力を徹底解説

人気の子犬とは

男医

毛色によっても価格が違う

フレンチブルドッグの子犬をブリーダーから購入する場合、千葉での相場や費用はどれほどかかるのでしょうか。一般的に相場は30万円から60万円程度となっています。しかしフレンチブルドッグの価格は千葉のブリーダーによって差があり、これより安い場合もあります。親がコンテストの優勝犬などの場合は価格も高くなることが多いのです。フレンチブルドッグはほかの犬種に比べて相場もかなり高くなっています。これは生まれてくる子犬の数が割合に少なく、出産時に頭が大きいので自然分娩が難しいため帝王切開になることも関係しています。そのほかに交配などの費用もかかるため価格も高めになります。またフレンチブルドッグは毛色によっても価格が違ってきます。色はパイド、クリーム、ブリンドル、フォーンの4種類があります。パイドは白色がメインで茶色や黒色が入っています。ブリンドルは黒色がベースで白色などが入っています。クリームはクリーム色で、フォーンは茶色で色の濃さは様々です。この中で最も人気となっているのはパイドで、価格もほかのものより高めになっています。またメスはオスよりも数万円程度高くなっています。ブリーダーから購入する際に、親がチャンピオン犬で色がパイドのメスの子犬ならば場合によっては80万円以上になることもあるのです。しかし千葉ではそんな高額な子犬でもフレンチブルドッグならすぐに購入者が決まってしまいます。人気のブリーダーの犬舎では常に予約が埋まっている状態です。千葉ではそれほどフレンチブルドッグの人気は高いのです。